40代からの妊娠に葉酸は必須!?どんなメリットがあるの?

MENU

■40代からの自然妊娠はやっぱり厳しい?葉酸は役にたつ?■

40代からの妊娠に葉酸は必須!?どんなメリットがあるの?

40代からの子作りを始める方は、最近ではさほど珍しいものではなくなってきていますよね。

芸能人のそういった報道がよくTVで流れているので、40代からの自然妊娠が、そのうち当たり前の時代がくるかもしれません。


とはいえ、35歳前後から一気に妊娠率が下がってしまうデータもあるため、苦労している夫婦も少なくありません。

なかには、不妊治療に大金を支払って、長い期間頑張っていらっしゃる方もいるんですよね。


だからといって、体外受精などの医療を受けることなく、できれば自然妊娠したいのが本音だと思います。


そこで、そんな40代からの自然妊娠を考えているあなたに向けて

40代からの自然妊娠における葉酸のメリット

についてまとめていきたいと思います。

■40代からの妊娠に葉酸はどんなメリットをもたらすの?■

子作りを初めてから、気になり始めるのが食生活ですよね。

その中でも、子作りを意識し始めたら摂取したほうがいいと言われているのが

「葉酸」

です。


葉酸は、妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月目まで摂取することで、神経管閉鎖障害になるリスクを7〜8割下げてくれることで有名な栄養素です。

そのため、多くのママさんたちが普段の食事に加えて、サプリメントなどで摂取しています。


これだけも葉酸を妊娠前から摂取するメリットになるんですが、葉酸にはこれ以外にも効果があることがわかっています。


それが

・子宮内膜を分厚くする
・貧血の改善に役にたつ

です。


一見、自然妊娠とまったく関係ないように見えますが、これら全て妊娠力アップに欠かせない働きなんです。

それぞれを、下記で説明していきたいと思います。

【「子宮内膜を分厚くする」ってどういうこと?】


子宮内膜というのは、受精卵の着床と定着をつかさどる部分で、そこが薄いと妊娠力がダウンしてしまいます。

そこで、大切なのが「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と「卵胞ホルモン(エストロゲン)」です。


卵胞ホルモンは、卵巣を活性化させて卵子を元気にしながら子宮内膜を厚くしてくれます。

また、黄体ホルモンは、子宮内膜が薄くならないように維持する働きがあります。


そのため、この2つを活発化することが、子宮内膜を厚くし、妊娠力アップには欠かせないってわけなんです。


それがどう「葉酸」と関係するのかというと、葉酸は卵巣に働きかけ、卵胞ホルモンを活性化してくれます。

それによって、黄体ホルモンも活性化するため、子宮内膜を強くし、妊娠力アップにつながるってわけなんです。


つまり、葉酸は赤ちゃんをリスクから守るだけでなく、ママの子宮を強くするのに役に立ってくれるんですよ。

【「貧血の改善に役にたつ」ってどういうこと】


貧血と妊娠は全く関係ないようですが、実は大きな関係があると言われています。


女性の半数以上が貧血と言われている日本において、忘れがちなのがこの貧血対策です。

貧血の状態というのは、血液が薄いため、体のすみずみまで酸素や栄養素を運びにくくなっている状態です。


そうなると、子宮の機能低下や冷え性になりやすくなります。

冷え性になってしまうと、より血流が悪くなり体が冷えやすくなるため、より子宮の機能が弱くなってしまうんです。


そのため、いくら栄養素をとっても効率が悪くなってしまって、子宮の機能をアップが難しくなるので、妊娠力が下がってしまいます。


こういった理由があるため、昔から

「女性は体を冷やしてはいけない」

と言われているんです。(冷える事で、体の機能が低下してしまい、冷え性になりやすくなるため)


また、子宮だけでなく、貧血は体全体に影響を及ぼし、妊娠には健康な体が不可欠なため、貧血や冷え性対策は自然妊娠したい場合はとても重要なんですよ。


この貧血の対策に効果が高い栄養素といえば「鉄分」が有名だと思いますが、実は「葉酸」を一緒に摂取することで、血液をつくる効果を高めてくれるんです。

さらに、葉酸だけでなく

・ビタミンC
・ビタミンB12

といった栄養素も一緒に摂取することで、効率を上げることが出来るんですよ。

妊娠を望む場合は、たかが貧血と考えるのではなく、妊娠に向けて体を作るのに貧血対策は大切になってくるので、しっかり取り組むようにしてくださいね。

■実はこれだけでない効果も隠れているのが葉酸■

葉酸は、実は上記にあげた妊娠前に役にたつ効果だけでなく

「妊娠後の赤ちゃんの成長をサポートする働きもある」

ため、とても重要な栄養素なんです。


妊娠期間中に葉酸をしっかり摂取することによって、出生体重が200gほど増えるという研究結果があるため、未熟児対策にも期待されているんですよ。


まとめると

・神経管閉鎖障害のリスクを7〜8割下げる
・子宮内膜を強くして、妊娠力をアップする
・貧血対策に効果を発揮し、冷え改善や血流アップする事で子宮の機能アップ
・妊娠後の赤ちゃんの成長を手助けしてくる

といった、メリットがあります。


そのため、40代から妊娠を望む場合は、葉酸は強い味方になってくれること間違いなしです。

葉酸を摂取したからといって、かならずしも妊娠するわけではありませんが、少しでも確率を上げるために、摂取していて損はないですよ。


ちなみに、葉酸摂取に多くのママさんに選ばれているサプリというが

「パティ葉酸サプリ」

という、妊娠を考えるママのために作られてサプリメントです。


このサプリメントには、1日の摂取目安である「葉酸400μg(マイクログラム)」が入っているだけでなく、

・鉄分15mg
・カルシウム210mg
・各種ビタミンにミネラル

といった、妊娠中に不足しがちな栄養素がしっかり配合されているので、妊娠前の体づくりや、妊娠してからの栄養摂取にぴったりですよ。


また、無農薬野菜を13種類から作られているため、安心しての飲めるだけでなく、普段の野菜不足解消の役にたってくれますよ。


40代からの妊娠は思っているほど簡単ではないですが、こういった試みをする事で、自然妊娠の確率を上げることができるので、体づくりの一環としてパティ葉酸サプリは人気ですよ♪